親の服装の選び方

Just another WordPress site

七五三はいつ?何月?そもそも何だろう?を簡単に分かりやすく解説

   

SPONSORED LINK

着物に袴に千歳飴。

普段と違う凛と漂う女の子に、袴が魅せる日本男児の堂々たる姿の男の子。

日本の秋の年中行事七五三。本当の意味ご存知ですか?

七五三はいつ?何月?何日?

image1

まず、七五三は11月15日です。

最近は共働きの家庭が増えたり、都合がつかず、15日に行えない家庭が多いことから、

10中旬〜11月までに行なうスタンスが増えています。

 始まりは江戸時代

image2

江戸幕府、五代将軍徳川綱吉が息子徳松がの無病息災を祈ったのが始まりました。

何故11月15日かというと、

15日は【鬼宿日(きじゅくにち)《何をするにも災いの起こらない日》】と言われていて、

縁起が良く、また、11月は秋の収穫を神に捧げ、感謝をする日だったのです。

その良き日に子供達の成長を一緒に祈ったのが由縁とされています。

昔は幼い子供の死亡率が高かった為、7歳を迎え初めて一員とみなされていた様です。

image3

七五三の意味

⚪三歳・・・《髪置の儀》

満三歳。主に女の子。昔は満三歳まで髪は伸ばす事はなく剃っていました。三歳より許される為の儀式。

 

⚪五歳・・・《袴着の儀》

満五歳の男の子。初めて袴をつけ、着始める儀式。

 

⚪七歳・・・《帯解きの儀》

満七歳の女の子。これまで着物を紐で結んでいたものが、大人と同じ帯で結ぶのを許される為の儀式。

 

私達は漠然と《七・五・三》だからこの歳でお祝いするんだなぁと同じ意味で思ってましたよね。

しかし、紐解けば、本当は七・五・三歳とそれぞれ別々の儀式だったんです。

 

どの儀式をとってみても、健やかに成長したからこそ!の証となるとても素晴らしいものですね。

祝い、祈る形は変わっても、遠い時代を飛び越えて子供達の幸せな未来を願う想いは途切れる事は無いでしょう。

 - 年中行事 , ,